車検切れてたでは済まされない!?

MENU


車検切れ・・・。

 

「まだいいか・・・。まだ間に合う・・・」

 

これ、マズイです!いつの間にか、「車検が切れてた!」って驚いても手遅れです・・・。
と、やや怖いことを言いましたが、大問題なるようなことはありませんが、恐ろしい「罰金」が待っています。

 

ここでは、車検を切らしてしまうと、恐ろしいペラルティが待ち構えてる事と、車検の有効期限の見方を解説しています。

【車検の有効期限】車検証でわかる更新時期は?


「自分の車は車検、いつ切れるのかな・・・?」

 

車検の有効期限を確かめるにはフロントガラスに貼ってある車検シールと、車検証で確かめる2つの方法があります。

 

車検証で確認するなら、保管している車検証を見てください。

 

車検切れてたでは済まされない!?車検の有効期限や罰金は?

 

画像のように車検証の左下項目に、「有効期間の満了する日」があります。
その右横に期日がありますが、この日で車検が切れますよという意味になります。

 

もう一つは、フロントガラスに貼ってある車検シールで確認する方法です。
車検証が手元になかったり、持ってくるのが面倒な時は車検シールを見たほうが簡単です。

 

車検切れてたでは済まされない!?車検の有効期限や罰金は?

 

表側から見ると、車検が切れる月しかわかりませんが、裏側から見ると何日まで記載してあります。
車検証の「有効期間の満了する日」に書かれている年月日と一致しているのが、確認できると思います。

 

このように、車検証でも車検シールでも、正確な車検が切れる日を知ることができますので、「もうそろそろ車検だよな?」と思ったら車検の有効期限をチェックしておきましょう。

車検切れは罰金!?更新の無視だけはダメ!


車検切れは罰則などのペナルティーは無いと思ってる方が多いようですが実は、車検切れは罰金があります。

 

まず車検が切れてる車で公道を走ること自体が違反行為になります。

 

また、車検には自賠責保険も含まれてるわけなのですが、この自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)も切れていることは、自動車損害賠償保障法違反にあたります。
これは無保険運行とも呼ばれていますが、1年以下の懲役か罰金50万円以下のペナルティーが課せられる重要な問題となります。(けっこう重いですね・・・)

 

違反点数も6点となり、1発免停(6点は30日の免許停止)となります。
決して軽視できない車検切れ。絶対に更新の無視だけは・・・。

 

※これは公道を走らなければいけない車両に対しての罰則になります。車検が切れた車両を駐車場で保管したり公道以外の私道で乗る分にはペナルティーはありません。

車検の更新はいつからできるの?


これまで、車検の期限切れ日時の確認方法と、車検切れの罰金やペナルティーについて書いてきましたが、次は「車検の更新はいつからできるの?」って気になりますよね。

 

車検切れや更新期限ギリギリで慌ただしい事にもならないように余裕を持って車検の更新を受けれるように期限日の1ヶ月前から検査を受けることが出来るようになっています。

 

この1ヶ月前から車検を受けれるという事も知らない方も多いと思いますので、少し補足です。

 

「車検が切れる1ヶ月前から車検を受けれるのはわかったけど、1ヶ月前倒しで早く出すと車検期間を損しない?」という心配も出てくると思いますが大丈夫です。
1ヶ月前から早く車検を受けても、車検満了日までしっかり継続されます。

 

例えば、
上記写真のように、平成29年12月12日に車検満了日だとしましょう。
満了日は12月12日なので、平成29年11月12日の1ヶ月前から車検を出せます。

 

そして、次回の満了日は平成31年12月12日となり、1ヶ月前に車検を更新したからといって、次回の満了日も1ヶ月減るということはありません。

 

このように、切れてたでは済まされない車検切れは、罰金やペナルティーがあります。
車検証や車検シールで有効期限の確認は簡単に出来ますので、余裕を持った車検の更新をオススメします。

 

年式の新しい車両なら、整備点検箇所も問題ないですが、旧年式の車両になると、整備箇所で交換などを余儀なくされる部分も出てくるかもしれません。
余裕のある車検期間を設けていれば、ゆっくり判断できる時間があるので、満足いく車検を受けれると思います。