車検代は分割できる?

MENU

車検代は分割できる?

「あ!もうすぐ車検!やっべ〜、お金ないよ・・・・」

 

無計画な私が悪いのですが、車検が来ることをすっかり忘れていました・・・。
どうしても今の車を維持しないといけないので、車検を受けるしかないのですが、車検代を一括現金払いできる余裕がありませんでした。

 

毎月の生活費でギリギリなので、どうやって車検代を払えば良いのか?すごく不安で仕方ありませんでした。

 

そこでふと思ったんです。

 

私と同じ境遇の人は居るはず。その人達はどうやって車検代を払っているのか?」って。
そして調べてみると、上手に分割払いできる方法があるじゃないですか!

 

実際に試してみると・・・。

 

車検を申し込むまでかなり不安でしたが、スムーズに車検代を分割払いにすることができ、毎月の返済も無理なく支払うことができたのです。

 

おかげで、以前のとおり生活ができているので、本当に助かっています。
その上手に分割払いにできた解決方法について、私が実際に行った方法をご紹介します。

 

クレジットカードでの支払い

 

「え!?クレジットカードが限度額いっぱいだから困ってるんだよ!」って声が聞こえてきそうですね・・・。

 

という私も実はキャッシング枠がいっぱいなんです。
だから、キャッシング枠を付けた別のカードを作ってみようと考えました。

 

しかし、最近申し込んだクレジットカードの審査が通らなかったんですね・・・。
また、仮に今から他のクレジットカードを申し込んでも時間がない、車検まで待てないという理由もあり、私の場合はこの選択肢は選べませんでした。

 

整備会社が用意しているローン会社を利用する

 

車検を出すところは、人それぞれ違います。ディーラーだったり地元の民間整備工場、ガソリンスタンド、車検で有名なコバックなど。

 

これらの車検整備先では、ほとんど提携信販会社が用意されてるそうです。車検クレジットですね。
もちろん提携信販会社を利用して分割払いできれば、一件落着なのですが、私の場合は先に述べた、「別のキャッシングカードでは審査が通らなかった」という理由で、この選択を選びませんでした。多分車検クレジットも審査は通らないだろうと・・・。

 

それに、車検は「法定費用」と「整備費用」の2種類があり、法定費用の分割はできないようになっています。分割ができるのは、整備費用だけです。

車検費用

支払い

詳細

法定費用

現金払い

重量税 自賠責保険料 運輸局に支払う検査手数料

整備費用

分割ローン可

・点検時に交換必須な修理箇所が出てくると整備費用が増える
・点検しないと見積もりが出てこない
・年式が古い車両ほど修理費用が大きくなる

 

そして、車検の法定費用の項目として、「自動車重量税」、「自賠責保険料」、「検査手数料」になります。
軽自動車と普通車での法定費用内訳です。

 

  自動車重量税 自賠責保険料(24ヶ月) 検査手数料 合計
軽自動車 6,600円 26,370円 1,400円 34,370円
普通車

2000cc5ナンバー

32,800円 27,840円 1,700円

(3ナンバ1,800円)

62,340円

(3ナンバ63,340円)

※軽自動車、普通車どちらも13年未満での金額になります。

 

 

手持ちのお金に余裕がない私は、法定費用すら先払いができなかったので、断念するしかありませんでした。

 

仮に法定費用だけ現金払いにしたとしても、整備費用が高くなることも考えられるので、提携信販会社に審査が通らなかったら一大事です!

 

私は16年式のホンダ オデッセイに乗っているのですが、前回の車検時で、「タイミングベルト交換にブレーキ交換、バッテリー交換は必要だと思いますよ」と言われていました。
経済的にも車を乗り換える余裕もないから、このオデッセイに乗り続けないといけないので、今回の車検代は高くつくかなと予想できました。

 

ですので、最初にまとまった車検代を用意して、法定費用はもちろん、整備費用も払うことができればと思ったのです。

 

もう切羽詰った状態でした。なんとか車検費用を作らないとって。

 

そこで「他にも私と同じような境遇の方が居るのではないか?」と思ったんです。
そこからは必死になって調べました。

 

そして、同じような境遇の方がある方法で車検を受けていたんです。

 

プロミスのカードローンを利用する

 

そのある方法とは、「プロミスのカードローン」でした。

 

「どうして消費者金融のプロミスなの?」って思いますよね?

 

それは、私のようなクレジットカードのキャッシング枠がいっぱいで、別のカードを作り、そのまたキャッシング枠を利用するという方法に余裕や時間がない人が、即日融資できるプロミスで借りて、車検代に利用したという事なんです。

 

最初知った時は、「え?プロミス?」って思いました。よくCMでも見てますけど、銀行系とはいえ消費者金融です。
消費者金融という言葉を聞いたら、少しは抵抗がありますよね。

 

しかし、「なぜ、みんながプロミスを利用するのか?」ということが疑問でした。
消費者金融といえば、プロミス以外にも知名度がある消費者金融も多いです。

 

そこでプロミスの利用者の声を調べて、レビューで多かった声を集めてみました。

  • 「初回だけ30日無利息なので少し多めに借りたほうがお得だと思う」
  • 「一般的なクレジットカードのリボ払いなどと比べると、金利はあまり変わらない」
  • 「銀行系カードローンと比べれば金利は高いが即日融資となれば仕方ない」
  • 「消費者金融だから総量規制の対象になるけど、なんとか借りれた」
  • 「スマホやパソコンから申し込めたので誰にもバレずに借りれた」
  • 「支払いはコンビニATMで出来るから面倒くさくない」
  • 「初回の借入だったから30日間無利息だった」

などが目立ったレビューでした。

 

真っ先に金利の事が気になったのですが、クレカの金利とあまり変わりませんでした。
ちなみに、プロミスと一般のクレジットカードやリボ払いの金利比較は以下の通りです。

 

  プロミス 一般クレジットカード リボ払い
金利 17.8% 18%前後 15%前後

 

私の場合、車検切れまで時間がなく、もう1枚クレジットカードを作ってキャッシング枠を利用するという、時間的余裕もありませんでした。

 

早急に車検代が必要で、どうしようか真剣に悩んでいたなかで「プロミス」を知ったのですが、利用者の声を見て、リボ払いとそんな金利は変わらないなら、すぐに借りれる方が良いという結論でプロミスを利用したわけです。

 

車検代の分割払いでプロミスを利用してみて

私はプロミスのカードローンを利用した訳ですが、時間に余裕があるなら、クレジットカードをもう1枚作ったり、銀行系カードローンに申込むのも1つの選択だと思います。

 

実際に私も最初は、銀行系カードローンに申し込みたかったですが、審査が厳しいという事を知っていたので無理かなと諦めました。
銀行系カードローンに申し込んでも車検日ギリギリになって、審査に通らなかったらと思うと不安でしたし・・・。

 

銀行系カードローンのモビットに比べれば、プロミスは金利が高いです。
しかし、今すぐお金を用意しないとダメな立場としては、金利より即日融資の方が魅力的でした。いえ、それしか選択肢がなかったと今では思います。

 

もし車検を通さず無車検のままだったら、道路交通法で違反になってしまいます。
手持ちのお金に余裕がないから、法定費用だけを現金払いして、整備費用だけをローン組むという事もできませんでしたので・・・。

 

今思えば実際にプロミスを利用してみて、無事に車検も済み、ホッとしています。
プロミスを利用すると知って最初は抵抗感もありました。銀行系とはいえ消費者金融ですから。

 

その抵抗感が消えたのは、利用者の声を見たときでした。
生活に必要な場合は、みんな消費者金融で借りてるんだなって。

 

ですが、ちょっと恥ずかしい気持ちもあったので、プロミスは無人契約機もあるのですが、スマホから申込ました。
知人や会社の人など、どこで見られてるかわかりませんからね。

 

私の場合は20万円の枠で融資を受けさせてもらいました。
車検代はそんなに必要なかったのですが、当面の生活費にと少し多めに借りました。初回は無利息期間があるので少し多めに借りたほうがお得という声を見ていたので。

 

私のような、車検代をまとめて用意できない方や、時間的に余裕もなく早く融資を受けたい方は一度プロミスを考えてみてはいかがですか?

 

誰でも融資を受けられる保証はありませんが、融資を受けたら使い方によっては消費者金融も便利な選択肢だなと実感できますよ。